復縁マニュアルネタバレ※遠距離の場合のメールでの誘い方・口実作り

遠距離の場合のメールでの誘い方・口実作り

遠距離に関わらず、復縁相手にメールを送る際のテンプレートとして、

挨拶
近況報告
自分磨きの成果

前のページでは、ここまでお伝えしてきました

 

ここからは、ポイント4をお話していきます。
復縁相手にメールを送る際のポイントは
簡単な口実を作ることです。

 

簡単な口実を作る

わかりやすく言えば、相手が納得するような理由を考えていくのです。

 

何度も言いますが、復縁相手は警戒しています。
「今度、遊びに行くから、食事でもいかない?」
こんな感じでメールを送ってしまっては、

 

「何の為にメールしたの?」
「何しに来るの?」
「何で今なの?」

 

このような疑問が、復縁相手に残ってしまいます。
これでは、警戒心を取り除くことはできません。

 

と言うより、さらに、強い警戒心が芽生えてしまいますので、
最悪、ストーカー呼ばわりされても不思議ではありません。

 

では、どのようなメールの内容だったら、警戒心が解け、
復縁相手が納得して、あなたと会うことを了承するのでしょうか?
今回も、小澤康二さんのスパイスメールを使って、説明していきます。

小澤康二【スパイスメール】の誘い方・口実作り

では、ここでは小澤康二さんのスパイスメールを見ながら、
復縁相手を、どのように食事に誘うかを学んでいきましょう。

 

復縁マニュアル,スパイスメール,ネタバレ,遠距離,メール,誘い方,口実

 

この例文では、自分の昇進は、
過去、復縁相手にかけられた言葉から、生まれたものであることを伝えたうえで、
食事に行こうと誘っています。

 

なんのメール?
に対して、昇進したから。

 

なぜ今?
に対しても、昇進が分かった段階でメールしたから。

 

このような具合で、理由=口実がしっかりしています。
これなら、少なくとも、昇進の勢いでメールしてきたのかな?
と思ってもらえると思います。

 

そして、誘い方も軽い感じで誘っています。
断られても、傷にならない程度の誘い文句ですので、
相手も断る際には、断りやすいのです。

 

断って欲しくないと思うかもしれませんが、断りづらい場合、どうなるかというと、
メールの返信が来ない、という結果が待っているのです。
相手からしてみたら、返す義務はないですからね。

 

誘い文句は、軽い感じで送るのがベストです。

 

ここまで、大分具体的に話してきましたが、
メールの送り方は、理解できたでしょうか?

 

挨拶からはじまり、近況報告、口実作り、軽い誘い。
基本の形は、このようになっています。

 

この基本をもとにして、あとは自分の状況に落とし込んでいけば、
正しい復縁メールを送ることができるでしょう。

 

復縁は、自分との戦いでもありますし、復縁が、なぜ難しいと言われているかというと、
タイミング一つで、大きく結果が変わってきてしまうからです。

 

ちょっとしたタイミングのズレが、復縁のチャンスを失わせますし、
また、逆に、タイミング次第では、大きく飛躍することもあります。

 

そのタイミングを逃さない為にも、
復縁の正しい知識をつけて、自分で判断できるようになってください。

 

まだまだ、あなたに伝えたいことがたくさんありますので、
このサイトを気に入ってくれた方は、復縁ドッグメインサイトで、
さらに深い知識を身につけてください。

 

では、ご縁がありましたら、メインサイトでお会いしましょう。

 

復縁ドッグ

 

 

@復縁に関する読者さんからの悩み相談一覧
A復縁ドッグによる復縁の基礎講座一覧
B復縁ドッグおすすめマニュアル
C地獄からの大逆転!復縁成功体験記
復縁マニュアル,スパイスメール,ネタバレ,遠距離,メール,誘い方,口実